①ニワゼキショウ

草への見方を変えてくれた愛らしさ

野草はいわゆる雑草で、草引きの対象となり、あまり好かれる存在ではありません。しかし、その花をよく見ると意外とかわいいものも多くあります。

私の妻は生物専攻で、卒論は野草の研究をしたそうです。私も彼女も、かつて小学校に勤めていました。私がもっぱら野草に関わったのは、県の科学展と言うコンクールに、子どもたちと研究して、出品するためでした。それ以外は、学校で子どもたちと草引きをするくらいでした。しかし、妻から「かわいい草もあるよ」と教えられてから、私も草の見方が変わりました。
最初に教えてもらったのが「ニワゼキショウ(写真)」でした。花の直径1センチほどで、草丈も十数センチ程度の愛らしい花です。色は淡い紫や白があり、土の質が合えばたくさん咲いてくれます。花が終われば、種が勝手に落ちて次の年もその次の年もと、咲いてくれます。遠慮がちに咲く小さな花ですので、気を付けて見つけてください。

尾中さんってこんな人 幼いころから、勉強は忘れても海や川、野山での遊びは忘れませんでした。趣味はいろいろ。バードウオッチング、写真、スポーツ観戦(サッカー、野球)、読書、ガーデニングです。天草市在住