⑤「テッペンカケタカ」

忙しい日常 紛らす野鳥の声

「テッペンカケタカ」という文字を見て、ピンと来る方は野鳥好きな方でしょう。ホトトギスという鳥の鳴き声を人間の言葉にあてはめたもので、「聞きなし」と呼ばれています。ほかにも知られているところでは、「一筆啓上仕(つかまつ)る」というホオジロがあります。電信柱や高い木の一番上で、気持ちよく鳴いています。

今の季節で有名な鳥と言えばツバメですね。電線に並んで止まり、まるで会話をしているような光景を、見かけたことはありませんか。「土食って、虫食って、口渋い」を早口で言うと、ツバメの鳴き声のように聞こえるから面白いですよね。熊本市などの都市部では無理でしょうが、少し離れた公園や河原でも聞けると思います。

「聞きなし」ではなく本当の声ですが、ビルの上で気持ちよく鳴いているイソヒヨドリ(写真)と言う野鳥がいます。きれいな声ですよ。今の季節は、ウグイスの声も響きます。忙しい日常、野鳥の声でしばし忘れてみませんか?

尾中さんってこんな人 幼いころから、勉強は忘れても海や川、野山での遊びは忘れませんでした。趣味はいろいろ。バードウオッチング、写真、スポーツ観戦(サッカー、野球)、読書、ガーデニングです。天草市在住