熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

使ったら、ちゃんと元のように片付けなさい

熊本母

つこうたら、かったる、元んごつ、かじめんね


「ケジメ、ケジメなさい」とかいう歌がありましたが、熊本では「かじめ、かじめなさい」。使ったものは「片付けましょう」。「かったる」は「きちんと」。

きちんとした人は「かったるじん」。何を言っても気にしない粗雑な性格は「うーばんぎゃー」。「大番外」の字を当てたりします。だらしない人は「いきなっじゃー」。後ほど多い。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。