熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

できが悪いのは私に似たんだろうか

熊本母

おぼえんとは、私のせいだろか


学業に向上が見られない日々に、思わず母のつぶやき。共同製作ですし、一人だけのせいとは限りません。「このごろは、おやじそっくりになってきたなあ」と近所の人も言いますし。

対照的に姉は勉強ができるが、塾にピアノにと出費が大変。「中くらいできるとよかつバッテン」とはぜいたくな悩み。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。