地元舞台人が歌って笑って泣かせます

音楽劇「楽しいわが家」が11/29(金)、市民会館シアーズホーム夢ホールで開かれます。日中戦争で戦死した兵士の上官の弔電が国民歌謡第1号となった実話を、浜畑賢吉が大胆に脚色。戦雲垂れ込める時代の、家族の愛と悲喜こもごもを、出田秀尚、岩本貴文、春日保人ら地元舞台人が感情豊かに演じます。

昼(14時)と夜(18時)の2回公演(開場30分前)で各3000円(当日は+500円)。熊日プレイガイドなどで販売中。

すぱいすプレゼント

「楽しいわが家」昼・夜公演のチケットを各5名様に

提供 熊日生涯学習プラザ

このプレゼントの応募は終了しました

今週のプレゼントはこちら