熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

何のことだか、訳がわからない

熊本おばさん

なんだいろ、かんだいろ、ちっとん、つうりきゃ分からん


「なん」と「かん」は熊本ではリズムがいいように、いつもペアで使います。

「なんのかんの言うたっちゃ、先生の言いなはるごつだもん」

「なんさまかんさま、はよう来てみなっせ、大ごつばい」

などなど。「つうりき」は「わけ」。わけが分からんという言い方が「つうりきゃ分からん」。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。