熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

狭いからすれ違うのも大変

熊本父

狭かけん、行きすりがうとも大ごつ


狭い道は車の離合も大変。おっと、離合も西日本独特の言い方でした。
「今、すれ違った」は、「今行きすりごうた」。最近はやたらと大きい、弁当箱のような形をした「顔面カー」や、怖い顔した「獅子舞カー」が多くて気を使います。

あぎゃんとに限って端に寄せきらんし、動かん。黒うして、ふとかばかりで田舎道にゃ迷惑千万。軽であまっとる(十分)。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が発刊ほやほやです。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。