熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

あなたのせいで、てんやわんやでしたよ

肥後父

あーたのおかげで、ちんちろ舞いしましたばい


「ちんちろ舞い」は「てんてこ舞い」。「ちんちろ」のほうが、風情がありますねえ。

「おかげ」と言いつつ、世話になったわけでもないのですが、「〇〇のせい」より随分と柔らかい言い方です。答えは「そら、ご迷惑をお掛けしましたなあ」。「そら、大ごとでしたなあ」でもいいです。後者はつっけんどんに言うとけんかになります。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは yokatai@kumanichi.co.jp までメールで。