熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

調子に乗って飲み過ぎるから…

熊本父

ほごだして、飲むけん


「ほごだす」は「調子に乗る」という意味。「ふざける」の意味で使うところもあります。

ほごだすのは、男の子の得意技。同窓会で「もう一杯、もう一杯」なんておだてられ、前後不覚に。

憧れの彼女はあきれ顔。こんなお調子者、嫌いじゃありません。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。