熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

こんな夜遅くに何事?

熊本母

こぎゃんよさりがちゃ、なんごつな


古語の「夕去りつ方」が「よさりがた」。方言にはきっちりと古い言い回しが残っています。

「聞こえる」の「聞こゆる」、「見える」の「見ゆる」も同様。「あすけ(あそこに)見ゆっとが金峰山、その向こうが富士山タイ」はちょっと「ええころかげん(いい加減)」ですがね。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。