熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

2点のビハインドです

熊本アナウンサー

2点のきゃー負けです


「だいたいビハインドて何やー、インドのあいさつやー」と怒るおじさん。

進歩的なわが家では2ストライク2ボールになると、「おっ、ツーツーピッチ」。3人で攻撃が終わると「ワンツースリーたい」。ホームランを打つと「ゴーン。カルロス・ゴーン」と叫んでます。

「きゃー」は接頭語。


※この連載などをまとめた「右さん左さんぎゃんぎゃん熊本弁コージ苑リターンズ」が絶賛販売中です。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。