熊本弁丸出しの工事郎が日常の場面に応じて「こんなときは、こんな言う」と、熊本弁の使い方を解説します。

ぎゃんとき

隣のご主人は酔っぱらって、道に寝てたってよ

熊本母

隣の御亭(ごて)ばかりが、ええくろうて、道ばちゃ寝とったげな


読者からのリクエスト例です。

「見苦しか」と続きそうですが、さぞ、良か酒だったつでしょうね。

私も朝5時に帰って詰め出され、はしごをかけて2階から入ろうとしたところ、「ワウワウワォーン」と隣のバカ犬にほえられたことがあります。カラスは「カーカー」鳴き出すし。


※筆者は熊本市東区在住。言葉は益城町出身の母の影響を強く受けています。
※ご意見、問い合わせは spice.spice@kumanichi.co.jp までメールで。