トップアスリートとして活躍し、現在は運動指導などに当たっている川上優子さんがつづる、心も体も元気になれる“サプリメント・コラム”。

心と体を磨く"Y"の法則

川上優子
筆者プロフィール

1975年、松橋町(現宇城市)生まれ。信愛女学院高から沖電気宮崎に進み、アトランタ(1996年)、シドニー(2000年)両五輪の陸上1万mに出場し、アトランタでは7位入賞。現在、(一社)スポーツコア代表として、ランニングを通じた地域貢献に取り組む。

川上優子


Vol.1 「走る」は自分と向き合うアイテム

初めまして、川上優子です。このコラムでは、長年、「走る」ことに関わってきた私の経験や体験を基に、皆さんに体だけでなく、心も強くしなやかになるヒントを発信していければと思っています。

「走る」とひと口に言っても、健康増進や準備運動を目的とした「ジョギング」から、趣味や大会出場などを楽しむ「ランニング」、記録や結果を追求する「陸上競技」まで、さまざまな種類や目的があります。

私にとって走ることは、自分自身と向き合うためのアイテム。ゆっくり走る時間は、日常の中で沸き起こる感情、それに対する考えや提案など、自分の思考と向き合い整理するのに必要な時間でもあります。ちなみに体を動かすと、快感を覚えるドーパミンやエンドルフィンという物質が体内で分泌され、気持ちをポジティブに切り替えるスイッチを作り出すことができるんです。

健康な体を作るのはもちろんですが、自分自身と向き合う時間を持ち、内面の強さや自信を持ち続けて生きていきたいものですね。

新天草1号橋の開通イベントで童心に帰る私(写真右)

新天草1号橋の開通イベントで童心に帰る私(写真右)


プラスワン エクササイズ

寝たまま開脚ストレッチ

寝たまま行うことで骨盤の位置が安定し、ストレッチの効果もアップしますよ!

1

両足をそろえた状態で壁に足とお尻をぴったりと付け、足首を直角に曲げたまま、少しずつ足を広げていく。

2

足が開ききったところで5秒ほど静止し、ゆっくりと元に戻す。

Point!

深呼吸しながらおなかにしっかりと力が入っているのを意識する!

効果

股関節の可動域が広がる(リンパの流れが良くなり、ダイエットにも効果的)