トップアスリートとして活躍し、現在は運動指導などに当たっている川上優子さんがつづる、心も体も元気になれる“サプリメント・コラム”。

心と体を磨く"Y"の法則

筆者プロフィル

1975年、松橋町(現宇城市)生まれ。信愛女学院高から沖電気宮崎に進み、アトランタ(1996年)、シドニー(2000年)両五輪の陸上1万メートルに出場し、アトランタでは7位入賞。現在、一般社団法人スポーツコア代表として、ランニングを通じた地域貢献に取り組む。


Vol.10 チャレンジは、いつでも誰でもできる!

先日、42歳から走り始めたという女性にお会いしました。第1回熊本城マラソンのテレビ中継を見て、「私も走りたい!」と思ったことがきっかけだったそう。それから、ランニング教室などに参加して、今ではトレイルランニングの大会にも挑戦されています。また、60歳の〝還暦記念〟でマラソンに初挑戦するという女性も。一方で、そんな方々の話を聞いた20代の女性たちは、「私たち、まだまだ何でもできそうだよね!」と刺激を受けていました。

時々、講演の仕事を受ける中で、「子どもたちにチャレンジすることの大切さを伝えてほしい!」との依頼もあります。でも、実は大人の方が臆病になっているのかもしれません。

新しいことにチャレンジするにはパワーが必要です。不安もあります。でも、それ以上に得るものや、誰かに与えるものがあるのかもしれません。そう、チャレンジするのに、年齢もタイミングも関係ありません!

近くの神社で見かけた木々も芽吹き始めていました。春が、もうそこまで来ているのを感じます


プラスワン エクササイズ

腹筋・背筋・肩甲骨周りのストレッチ

骨盤の前傾・後傾を意識し、深く呼吸することで代謝が上がり、気になるおなか周りがスッキリしてくるかも!?

1

イスやソファに座り足を大きく開き、胸の前で両手のひらを組む。

2

ゆっくりと呼吸しながら、手を組んだまま腕を上げていき、頭の上まできたら下におろしていく(同じ動きを約10回繰り返す)。

Point!

腕を下ろす時は、上半身ごと下げない(背中が丸まらない)ように気を付け、骨盤だけを後傾させる(腕を上げる時は、しっかりと背筋を伸ばして骨盤を前傾させるイメージ)。

効果

腹筋・背筋・肩甲骨周りに加え、股関節の柔軟性もアップ。さらに代謝も向上!