トップアスリートとして活躍し、現在は運動指導などに当たっている川上優子さんがつづる、心も体も元気になれる“サプリメント・コラム”。

心と体を磨く"Y"の法則

筆者プロフィル

1975年、松橋町(現宇城市)生まれ。信愛女学院高から沖電気宮崎に進み、アトランタ(1996年)、シドニー(2000年)両五輪の陸上1万メートルに出場し、アトランタでは7位入賞。現在、一般社団法人スポーツコア代表として、ランニングを通じた地域貢献に取り組む。


Vol.12 「足りない」環境こそ人を成長させる

誰しも「いい環境」で生活したい、仕事をしたい、勉強をしたい、頑張りたいと思っています。けれど、すべてが整った環境が「いい環境」かといえば、そうとは言い切れないように思います。 むしろ「足りない」環境の方が、より成長をもたらすことが多いと感じています。

例えば、合宿や遠征先など普段とは異なる環境に身を置いた時、食事や睡眠など、いつも通りにできないことが多々あります。強い選手を見ていると、どんな環境に置かれても足りないものをどうやって補うかを考え、その中でやれることを瞬時に判断し行動しています。彼らは、できない理由を環境や人のせいにすることはありません。

大人は、子どもに対していい環境を整えてあげようとしてしまいがちです。しかし、足りないものをどう補い、臨機応変に対応できるよう気づきやヒントを与えることこそ、私たち大人の役目です。自主自立を実践できる環境は、間違いなく「いい環境」だと言えるのではないでしょうか。

3月まで出演していたKAB「くまパワ」の出演者と。「整形疑惑!?」ではなく、アプリを使った画像加工です(笑)


プラスワン エクササイズ

タオルを使った体側のストレッチ

普段あまり使わない体の側面(体側)をしっかり伸ばしてあげると、体の緊張がほぐれてリラックスできるだけでなく、体のラインもきれいになりますよ!

1

イスやソファに座り足を大きく開き、頭の上でタオルを両側に引き合う(タオルを持つ幅は開いた足と同じぐらい)。

2

ゆっくりと呼吸しながら、タオルを握ったまま体を右に倒していく(同じ動きを左右交互に約10回繰り返す/体を倒す時にお尻が浮かないように注意する)。

Point!

腕を上げるときは、タオルを引っ張った状態のまま上げる。それによって、自分の体の中心を感じることができる。

効果

代謝向上や腹筋のシェイプアップのほか、肩や背中の凝り解消にも効果的!