トップアスリートとして活躍し、現在は運動指導などに当たっている川上優子さんがつづる、心も体も元気になれる“サプリメント・コラム”。

心と体を磨く"Y"の法則

筆者プロフィル

1975年、松橋町(現宇城市)生まれ。信愛女学院高から沖電気宮崎に進み、アトランタ(1996年)、シドニー(2000年)両五輪の陸上1万メートルに出場し、アトランタでは7位入賞。現在、一般社団法人スポーツコア代表として、ランニングを通じた地域貢献に取り組む。


Vol.19 「責任」と「自覚」を持たせることが成長に

現在、私が監督を務めるチームで今年4月、在籍してわずか1年の移籍選手が新主将に選ばれました。実績も乏しく、「年齢が一番上」という以外には理由が見当たりません。そこで、あえてメンバー全員にその真意を問うと、要は誰もやりたがらなかった役割を押しつけられた形でした。

とはいえ、選手の総意で決まったわけですから、彼女が主将を務める意味を持たせなくてはいけません。まず、本来チームをまとめる役割を担うべきと考えていた選手を、サポート役として副主将に任命。足りないものを全員で「補う」「支える」という役割を課すことにしました。全員で話し合いを持つことで、共通認識ができ、さらに責任と自覚が生まれます。

主将になった選手は目覚ましく成長しました。緊張で声を震わせていた代表挨拶は、いつしか堂々と話せるようになり、一つ一つの言葉や行動が自信に変わっていくのを感じ取れます。同時に、練習にも大きな変化が現れ、責任と自覚が人をこんなにも成長させるのだと、また一つ学ばせてもらいました。

ハロウィーンの日は、全員で仮装して練習! もちろん、いつものように速くは走れません(笑)


プラスワン エクササイズ

ピップアップにつながる簡単筋トレ

座ったまま、テレビを見ながらでもできるお手軽エクサイズでヒップアップ!

横座りの状態で上半身を正面に向け、両手は肩幅で真っすぐ上に上げる。

両足のひざを立て、そのまま反対方向へ倒して体の向きを90度変える。足の組み方を変えて左右各10回(往復5回)ずつで、1日2~3セット。

Point!

足を動かす時に上半身が左右にぶれたり、背中が丸まったりしないように、しっかりとおなかに力を入れておく。

効果

お尻の筋肉をしっかり使うので、ヒップアップや太ももの引き締めに効果が期待できます。さらに、股関節の柔軟性も高まります。