トップアスリートとして活躍し、現在は運動指導などに当たっている川上優子さんがつづる、心も体も元気になれる“サプリメント・コラム”。

心と体を磨く"Y"の法則

筆者プロフィール

1975年、松橋町(現宇城市)生まれ。信愛女学院高から沖電気宮崎に進み、アトランタ(1996年)、シドニー(2000年)両五輪の陸上1万メートルに出場し、アトランタでは7位入賞。現在、一般社団法人スポーツコア代表として、ランニングを通じた地域貢献に取り組む。


Vol.28 他人に合わせる=自分のペースを作る!?

以前、ゴルフをやっていたとき、あるコーチから教えられ、今も心に残っていることがあります。ゴルフは2~4人1組でプレーしますが、そのコーチから「一緒にコースを回る人たちがプレーしやすいように動くことが、結果的に自分のペースに持ち込むコツだ」と言われました。

相手がやりやすいように動くことは、一見、相手のペースにはまっているように思えます。しかし、流れがスムーズになれば自分のリズムも良くなり、その組をコントロールできるという理屈です。余裕のない私は、自分のプレーに集中するあまり周りが見えておらず、リズムを乱したりタイミングを外したりすることが多かったため、この言葉が胸に刺さりました。

相手に合わせながら自分のペースを作るには、何より洞察力が重要だと感じます。これは、スポーツだけでなく、集団生活の中でも応用できる場面が多々あります。例えば、私たちはチームの長期合宿などで共同生活をする機会が数多くあります。そうしたときに自分のペースを崩さないためにも、この考え方や受け取り方は有効です。

皆さんの職場や学校、また家庭の中で、それぞれの環境や人間関係をより円滑にするために、「相手に合わせながら自分のペースを作る」ことを試してみませんか?

長野県蓼科山での合宿中に迎えた誕生日。チームのメンバーがケーキで祝ってくれました