数奇な運命でも前向きに!驚きと感動の人間ドラマ

2019年の本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した注目作です。

血のつながらない父親・森宮(田中圭)と二人で暮らす高校生の優子(永野芽郁)。泣き虫な小学生の女の子「みぃたん」(稲垣来泉)と彼女の「新しいお母さん」になった自由奔放な梨花(石原さとみ)。何があっても明るく前向きに生きる二組の親子の物語が絡み合い、驚きと感動を生み出します。

主演の三人がとにかくハマリ役。石原のキャラは一見意外ですが、根っこでは愛と優しさに満ちた梨花役は彼女ならでは。市村正親や大森南朋ら脇を固める豪華キャストも好演です。監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲。

ちょっとトリッキーな作りですが、映画が進んでいろいろなことが明らかになっていくと、ちょっとゾクゾクしてきます。見終わった時の充実感とさわやかさも格別。すべてが愛おしい傑作です !

(フリーライター 上妻祥浩)

(c)2021 映画「そして、バトンは渡された事前に申し込みが必要」製作委員会

[上映館]

  • TOHOシネマズ熊本サクラマチ・はません・宇城・光の森
  • ユナイテッド・シネマ熊本
  • イオンシネマ熊本
  • 熊本ピカデリー