峠 最後のサムライ 6/17(金)公開

歴史小説といえばこの方 ! 司馬遼太郎。無名の幕末の武士を主人公にした長編小説を、黒澤明の弟子・小泉堯史監督が充実の豪華キャストで映画化した作品です。

大政奉還によって、旧幕府側と新政府側の藩の間で戊辰戦争が勃発。越後長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)は、徳川側に付くという藩の方針に従いながらも、和平のために努力を続けますが…。

日本を二分した内戦の渦中にあっても自分の信念を曲げず、広い視野で将来までも見据えていた河井。優れた武人ながら温厚でユニークな人物だった彼に、名優の役所はまさに適役。松たか子扮(ふん)する妻とのシーンや時折映し出される長岡の美しい風景が、重厚な物語の中の清涼剤になっています。

本格派時代劇と人間ドラマ。メリハリの利いた演出がダレさせない傑作です。

(フリーライター・上妻祥浩)

峠 最後のサムライ

(C)2020「峠 最後のサムライ」製作委員会

  • TOHOシネマズ熊本サクラマチ・はません・宇城・光の森
  • ユナイテッド・シネマ熊本
  • イオンシネマ熊本
  • 熊本ピカデリー