ベトナムで芸人として活躍 “笑い”で交流の架け橋に

ベトナムに移住して丸3年。「住みます芸人」として数々の現地のテレビ番組やイベントに出演し、ベトナム中の人の心を「笑い」でつかもうと奮闘する2人組がいます。

熊本市出身のダブルウィッシュ・中川さんと井手さん。中川さんがよしもと東京NSC(養成所)を卒業後、東京でスタイリストをしていた井手さんに声を掛け、コンビを結成しました。

その後、吉本興業の「住みますアジア芸人」プロジェクトに手を挙げ、3年前からベトナムで活動しています。「吉本からのミッションは『現地で売れてこい』ということ。現地の言葉も文化も全く分からない状態からのスタートでした」(中川さん)。

これまでさまざまな現地のイベントや番組に出演。必死にベトナム語を勉強しながら場数をこなすことで、現在では日常会話には困らない程度に上達。ベトナムのテレビ番組のMCを1年間務めたこともあるそうです。「それでもテレビや舞台で正確に伝えるのは難しい。肝心のオチが伝わらなくて焦ったこともあります(笑)」(井手さん)。

また、「例えば日本だと、空中を目で追いながら手を叩くと、それが蚊だと想像してもらえるけど、ベトナムでは蚊のイラストを飛ばさないと分かってもらえない」(中川さん)など、日本とベトナムの「笑い」の違いにとまどうこともあるそう。しかしベトナム人はノリが良く、日本の芸人という珍しさも手伝って、舞台に立つといつも大盛り上がりだとか。

今後の目標は、「言葉を上達させて、もっとベトナムのテレビに出たい」(井手さん)、「ベトナムといえばダブルウィッシュという存在になりたい。日本とベトナムの交流の架け橋になれれば」(中川さん)と話してくれました。2人の今後の活躍に注目です。
(すぱいす・麗)

左:なかがわ・しんすけ、右:いで・かずひろ

左:なかがわ・しんすけ、右:いで・かずひろ
共に1982年生まれ、熊本市出身。結成11年目。2015年7月から「住みます芸人」としてベトナムのホーチミンに移住。よしもとミュージックエンターテイメントより発売中の『意味がない』は、ベトナムを訪れる前に聞いてほしい曲。

ベトナム・ハノイで行われたテレビ局のイベントでネタを披露(2017年2月)

ベトナム・ハノイで行われたテレビ局のイベントでネタを披露(2017年2月)