感涙必至のラブストーリー 岩田剛典さん、井上竜太プロデューサー来熊

映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」に出演している岩田剛典さん(EXILE/三代目J Soul Brothers)と、同作プロデューサーの井上竜太さんが来熊! TOHOシネマズ光の森で舞台あいさつをしました。(すぱいし~ず・林)

「撮影で一番印象に残っているシーンは?」という司会者の質問に、雨の中、つぐみ(ヒロイン)に告白されるシーンを挙げた岩田さん。段取りだけで1時間以上かけたらしく、本番は、原作である漫画ファンの気持ちも考えながら演じたそうです。

「タイトルにもある“奇跡”を感じた経験はありますか?」という問いには、「台風が迫る中、皆さんと会えた、まさに今この瞬間です」と一言。会場は一気に歓声と拍手で湧きました。

「この秋、最高のラブストーリーができました」と井上プロデューサー。最後に、岩田さんが「皆さんにとって障がいが、より身近に感じられるきっかけになればと思っています」とメッセージを送りました。舞台あいさつ後は映画が上映され、会場のあちらこちらから、すすり泣く声が…。原作ファンの私も号泣。障がいに対する本人や周囲の葛藤、誰かを思う心情が、とても丁寧に描かれていました。

(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

Information

原作/有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載中)
監督/柴山健次 脚本/鹿目けい子
音楽/羽毛田丈史 出演/岩田剛典、杉咲花、須賀健太、芦名星、マギー、大政絢ほか
【ストーリー】
インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の憧れの先輩・鮎川樹(岩田剛典)と仕事で偶然再会する。樹は大学生の時に事故に遭い、車椅子に乗る生活を送っていたが、建築士となり懸命に働いていた。そんな樹に心ひかれるつぐみだが、「好き」だけでは越えられない数々の壁が立ちはだかり…。

【上映館】

ユナイテッド・シネマ熊本、TOHOシネマズはません、TOHOシネマズ宇城、TOHOシネマズ光の森、イオンシネマ熊本