"埼玉ディス"まみれの問題作 自由を求める戦いの行く末は?

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」。衝撃的なせりふを詰め込み、埼玉県をとことん”ディスった”問題作が誕生!

その昔、埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、通行手形なしでは東京に出入りすることもできませんでした。ある日、都知事の息子である壇ノ浦百美(二階堂ふみ)の学校に、アメリカ帰りの麻実麗(GACKT)が転入してきます。百美は麗に恋をしますが、彼はなんと”隠れ埼玉県人”で、手形制度撤廃のために活動する「埼玉解放戦線」のメンバーだったのです。自分の地位を捨て、麗についていく百美。その後2人は、大きな抗争に身を投じることに…。

背景や登場人物の設定など、至る所に小ネタが満載。これを無表情で見られる人がいたら尊敬します(笑)。アクション、ボーイズラブ、友情など、いろんな要素が入っているのに、なぜか最後はすがすがしい。そんな”カオスな茶番劇”です。
(すぱいし~ず・彩)

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

[上映館]

ユナイテッド・シネマ熊本、TOHOシネマズはません、TOHOシネマズ光の森、TOHOシネマズ宇城、イオンシネマ熊本