歌うように奏でる二胡 音色の奥に景色感じて

2本の弦で旋律を奏でる中国の楽器・二胡(にこ)。「東洋のバイオリン」とも呼ばれ、美しい音色に日本でも愛好家が増えています。そんな二胡の日本人奏者として全国で活躍する野沢香苗さんが、2年ぶり3度目となる熊本でのライブを5月に開催します。

もともと歌手・役者として活動する中、ある舞台で二胡を奏でる中国人役を演じたのが、弾き始めたきっかけでした。「二胡の音色は女性の歌声に似ていますが、歌以上の表現ができ、とても感情が乗りやすい楽器」とその魅力を語ります。繊細で優美、かつ大陸の楽器らしい力強さもある。そんな二胡を自由に操り、「中国の楽器」という枠を超えた、多彩なジャンルの演奏や作曲に取り組んでいます。歌うように奏でる音色と、まだ見ぬ土地を旅するかのような物語のある世界観は、野沢さん独自のもの。たった2本の弦で弾いているとは信じられないほど、心に染みる感動を感じられるはずです。

今回のライブでは、日本でおなじみの曲からオリジナル曲までたっぷり演奏。加えて、松井五郎さん、森由里子さんら有名作詞家と共に作ったボーカルアルバム「空の記憶」に収録した歌も披露します。「二胡を弾くようになって歌の『音色』も変わってきた」と語る野沢さんの“奏でるように歌う”透き通った声も必聴です。「今回の会場は客席との距離も近いアットホームな空間で、二胡の生音の魅力も感じていただけると思います。音色と歌声の奥にいろんな景色を感じていただけるような演奏が今回のテーマです。ぜひ、一緒に二胡の世界を楽しんでいただきたいですね」(野沢さん)。
(ライター・中川千代美)

Information

日時:5月19日(日) 開場16時30分 開演17時
会場:ギャラリーキムラ(中央区水道町3‐5‐B1F)
料金:3500円(1ドリンク付き)
チケットの取り扱い:
大谷楽器 上通本店 TEL.096-355-2248
「野沢香苗」オフィシャルホームページ→「スケジュール」ページより
https://www.nozawakanae.com/