梶尾真治さん原作の映画化 "大切な人"のため時を超える

「黄泉がえり」などのSF作品で知られる在熊の作家・梶尾真治さんの原作。「クロノス」は時間の神、「ジョウント」は移動や跳ぶという意味。タイムトラベルが主題です。主演は「進撃の巨人」などの声優として活躍中の下野紘、ヒロインは「ゼクシィ」CMガールに起用された井桁弘恵というフレッシュな二人。蜂須賀健太郎監督作品です。

企業の開発部門で働く吹原和彦(下野)は無為な日々を送っていましたが、通勤途中に見かけた花屋の店員・蕗来美子(井桁)に恋をし日常が一変します。一方、会社では時間軸圧縮理論を応用した「クロノス・ジョウンター」の開発が進んでいました。

そんなある日、爆発事故が発生し、来美子が巻きこまれてしまいます。来美子を救うため和彦は、開発中の装置で過去へ。しかしそこには、重大な問題が隠されていたのです。

悪人は登場しません。予算が少なかったのかなと思われる部分もありますが、人の純粋さがあふれるラブストーリー。さて膨大な時を超えたロマンスの結末は!?(嶋)

(C)2019 梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」制作委員会

(C)2019 梶尾真治/徳間書店・映画「クロノス・ジョウンターの伝説」制作委員会

[上映館]

Denkikan