デザインの面白さと力 「あ!」という発見がいっぱい

NHK・Eテレの番組「デザインあ」のコンセプトを、実際の体験に発展させた展覧会が熊本にやってきました。印象的な音楽と映像によって思わず見入ってしまうこの番組は、子どもの「デザイン的な観点・思考」(=デザインマインド)を育むことを狙いとし、私たちの身の回りに多くのデザインがあることを教えてくれます。

番組と展覧会の総合ディレクターを務める、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんは、「デザインマインド」とは、よく見てみる(観察)、どういった問題があるのかを探る(分解・分析)、よりよい状況を生み出す(創造・再構築)、という一連の思考・プロセスであると言います。目・耳・手・体を使って、この「デザインマインド」を楽しく学べるのが本展の特徴です。

夏休みということもあり、たくさんの子どもたちが来場しています。しかしながら、本展には大人だからこそ得られる発見や気付きというものも満載です。最初のセクション「観察のへや」では、私たちの身の回りのモノが徹底的に観察されています。例えば、お弁当に登場する卵料理を観察する《たまごの変身》(図)は、殻付きの卵に始まってお弁当の具になるまでを展開。卵の変化の豊かさと「食のデザイン」について、気付きを与えてくれる作品です。当たり前に存在しているモノやコトをよく見てみることの奥深さ、そしてデザインの面白さとデザインの持つ力について、「なるほど」と思えるのは大人だからこそ。「あ!」と驚き発見する本展を、子どもも大人もお見逃しなく!
(熊本市現代美術館 岩﨑美千子学芸員)

たまごの変身

【図】「たまごの変身」パーフェクトロン photo:(C)SATOSHI ASAKAWA

Information

会期:~9月8日(日)
開館時間:10~20時(入場は19時30分まで)
休館日:毎週火曜
入場料:一般1300(1100)円、シニア1000(800)円、学生800(600)円、中学生以下無料
※( )は団体料金、夕方割(17時以降  にご入場の方)など。

お問い合わせ

会場 熊本市現代美術館(中央区上通町)

住所
中央区上通町
TEL
096-278-7500
備考
※HP:https://www.camk.jp