熊本の街中で遊んで触れた クラブミュージックがルーツ

日本のダンスミュージック界で人気を高める、1989年生まれの3人によるアーバンポップバンド「THREE 1989(スリー)」。そのボーカルを務めるのが、熊本市出身の上村翔平さんです。昨年、テレビ「テラスハウス」に出演したことも話題に。帰熊した上村さんに、話を聞きました。

小学生の頃から歌うことが好きだったという上村さんが、本格的に音楽にはまったのは、大学生時代。熊本の街中で遊ぶようになってクラブミュージックに触れます。「同じテンポやコードが繰り返されるだけなのに、心地よくなれる。こんな音楽があるんだと衝撃でした」。その後、テレビ番組の歌のオーディションで全国優勝したことを機に上京。入所したアーティスト養成所で、「互いに夜遊びやお祭りが好きで音楽性が合った」という今のバンドメンバーと出会い、「THREE 1989」を結成しました。

上村さんは作詞・作曲を担当。80’sのソウルやR&B、ジャズ、ディスコミュージックをルーツに、都会派サウンドながらどこか懐かしく、自然と体が踊り出すダンスミュージックが持ち味。心地よいビートに乗せた上村さんの透き通った歌声も魅力的です。テラスハウス出演で、一気に知名度が高まりました。人気は世界にまで広がり、今年は全国ツアーに加えて海外でのライブも経験。「音楽とダンスとお酒があれば、誰とでも通じ合える」と、海外での経験がさらに彼らの音楽に刺激を与えたそうです。「これからも、僕らだけの音楽を確立して、全国へ、世界へと広げていきたい。同時に、熊本を元気にできるような音楽やムーブメントも生み出したい。そしていつか紅白歌合戦に出て、その姿を祖母に見てもらうのが夢です」とはにかみながら語ってくれました。

(ライター・中川千代美)

活躍の場を徐々に広げている「THREE 1989」のボーカル上村さん

〈プロフィール〉上村翔平(うえむら・しょうへい)

熊本市出身。熊本西高校、熊本学園大学卒。DJ・Datchさん、キーボード・Shimoさんとともにエレクトロバンド「THREE 1989」のボーカル・Shoheyとして活躍。2019年は全国ツアーに加え、海外アーティストとのコラボ楽曲リリースや、台湾、韓国、スペインで海外公演を行うなど世界へと活動を広げている