ほろ苦いけど爽やかな 共感できるラブストーリー

今回、ご紹介するのは、脚本がテレビドラマ「東京ラブストーリー」の坂元裕二、監督が「いま、会いにゆきます」の土井裕泰、そして主演が旬の人気若手俳優・菅田将暉と有村架純という、鉄壁の顔触れで贈る恋愛映画です。

終電を逃したことで偶然出会った大学生の麦と絹。驚くほど趣味も価値観もそっくりな二人は、たちまち恋に落ち、一緒に暮らし始めます。そうした日々の維持を望んでいた二人でしたが、卒業や就職を経て次第にすれ違いが…。

現代の若者たちの5年間の恋の行方を描いていますが、特に劇的な事件が起こるわけではなく、誰もが経験するような恋愛のあれこれを丁寧に描いています。そのストレートさが逆に飽きさせないし、若い世代だけでなく、すでに結婚している世代や、その上の世代でも、きっと共感できる映画でしょう。

主演二人の好演が心地よい、ほろ苦いけど爽やかなラブストーリーの傑作です。
(フリーライター 上妻祥浩)

(c)2021「花束みたいな恋をした」製作委員会

[上映館]

  • TOHOシネマズ熊本サクラマチ・光の森・はません・宇城
  • ユナイテッド・シネマ熊本
  • イオンシネマ熊本