忘れず支えてくれる人

日本一長い駅名の「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」。南阿蘇鉄道の白水高原駅に、ついにトロッコ列車が走りました ! とはいっても本物ではありません。

現在、熊本地震の影響で南阿蘇鉄道の立野駅~中松駅は、長期にわたり運転見合わせとなっています。呼び物のトロッコ列車は高森駅~中松駅の7.1キロを走っていますが、運休区間の白水高原駅で走ったのは、砂で絵を描くアート、サンドアートのトロッコ列車です。列車を走らせたのは東京在住のサンドアーティストCaveさん。3年前たまたまニュースで白水高原駅の被害を知ったCaveさんは支援ライブを始め、東京でサンドアートのトロッコ列車を何度も走らせました。そしてこのほど、集まった支援金を持って白水高原駅へ。駅でのライブが実現したんです。

サンドアートで「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」によみがえったトロッコ列車(作品の一部)

サンドアートで「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」によみがえったトロッコ列車(作品の一部)

阿蘇の山々に抱かれた駅の手作りステージでは、山々の美しさとサンドアートが一体となって幻想的な世界が広がり、涙する人の姿もありました。しかしなぜ、熊本に縁のなかったCaveさんはこんなに熊本に思いを寄せるのでしょうか。「ニュースで見た地震前の南阿蘇の美しさに感動したのはもちろん、地震後に出会った熊本の人たちの温かさに心をひかれたんです。人々の優しさに涙が出ることも。だからこの人たちを支え続けたい。また、トロッコ列車が走るまで応援したいんです」と話します。熊本に住む私たちでさえ、時と共に薄れつつある地震の記憶。ずっと忘れず支え続けてくれる存在に力をもらいました。


Profile
村上美香

1971年、熊本市生まれ。第一高、熊本大文学部卒。94年に熊本県民テレビ(KKT)にアナウンサーとして入社。夕方の人気番組「テレビタミン」を21年間担当し、「みかちゃん」の愛称で親しまれた。2018年春、同番組を引き継ぎ、KKTも退社。「ヒトコト社」代表。ホームページはhttps://hitokotosha.com