【566号】私の漫画道 心に刺さったあの作品

子どもから大人まで楽しめる漫画。中には私たちの心をグッとつかみ、人生観を変えるような作品に出合うこともありますよね。そこで、熊本で漫画に関わりのある人たちに自分が影響を受けた作品を紹介してもらいました。

私の人生はこの漫画で変わりました

COMICS CHANGED MY LIFE! MY FAVORITE COMIC IS…

その世界観や登場人物、心に響いたせりふー。漫画から学んだことが多いという3人に話を聞きました。すぱいす読者おすすめ漫画やイベントもご紹介。

「死んでも正義は貫く… それがオレ達の生き方だ!!」

ー『銀牙伝説WEED』よりー

漫画家志望の原点がここに!

2019年、大学院卒業時に描いた、競走馬が主人公の漫画『マエカミショット』が「九州まんが賞」(コアミックス主催)で入賞し、漫画家への道を歩み始めた水ポテトさん。

動物の世界を描く着想は小学生の頃、古本屋で手に入れた「銀牙伝説WEED(ウィード)」の影響が大きいそう。「登場する犬たちの表情豊かなキャラクターと熱いせりふ、ドラマチックな展開にぐいぐいと引き込まれました」。シリーズ全作を少しずつ買いそろえて、何度も読み返したといいます。人間以上に細やかな犬の心情を描き出す表現方法は、水ポテトさんの制作の基にもなっています。

水ポテトさんにとって漫画は〝好き勝手していい場所〟。「銀牙伝説WEEDのように、作者独自の世界観をつくり上げ、生き生きと登場人物を動かすのが理想。自分が描くとなると、なかなか思うようにいかず難しい点も多くあります。私も自分だけのジャンルを確立できるよう、幅広い作品づくりに挑戦していきたい」。今は明治時代を舞台に、人間を主人公とした作品を制作しているとのこと。今後に注目です。

水ポテトさん(25歳)
熊本在住の漫画家の卵

「銀牙伝説WEED」

(c)高橋よしひろ/ 日本文芸社

犬の目線で描かれた “冒険熱血青春ドラマ”。子犬のウィードがまだ見ぬ父と会うために旅立ち、新たな仲間との出会いや戦いを通して成長していく。全60巻。

ドラマチックな展開に 目が離せません!

コアミックス まんがラボを拠点に新作漫画制作中!

「まんがラボ」は、東京の漫画出版社「コアミックス」が漫画家の発掘・育成のために熊本につくった編集部です。誰でも作品の持ち込みができ、常設された機器を使って作画などもできる“九州全域の未来の漫画家のプラットホーム”。水ポテトさんはここでスタッフとして勤務しながら作品を描いています。


「これ以上私の友達を侮辱(ぶじょく)してみろ!!! おまえのその口、切りさいてくれるぞ!!!」

漫画は生きるための元気の源

現在、大学の授業で漫画制作に取り組む紺田さんは「『金色のガッシュ!!』の心に響く名言に、何度も勇気づけられた」と言います。

特に印象に残っているのは、主人公の清麿が不良からばかにされた時、少年ガッシュが「これ以上私の友達を侮辱してみろ!!! おまえのその口、切りさいてくれるぞ!!!」と叫ぶシーン。「ボコボコにされながらも、強い信念で友達を思う場面に感動しました」

現在は「スナック感覚のように読める、〝バイトあるある漫画〟を描いている」という紺田さん。『金色のガッシュ!!』にもギャグのシーンがあり、参考にすることもあるのだとか。

「嫌なことがあっても、漫画のネタにしてしまえばストレス発散できます(笑)。漫画は僕にとって明日を生きるための元気の源かもしれません」

紺田 宙(そら)さん
崇城大学芸術学部 デザイン学科 マンガ表現コース 2年

「金色(こんじき)のガッシュ!!完全版」

(c)雷句誠/ クラーケンコミックス

アニメ化もされた少年漫画。クラスになじめなかった少年・清麿が、謎の少年ガッシュ・ベルと絆を深め、成長していくファンタジー物語。バトル漫画ながらもギャグや、熱いメッセージ性が人気。


「私はどうして平安時代に生まれなかったのだろう」と思った

原田さんは、小学生の頃、祖父宅にあった昔の少女漫画にハマりました。『きらきら馨る』もそのうちの一つ。「主人公の恋はもちろん、当時の貴族文化やしきたりが詳細に描かれているのも魅力でした。古文に興味を持ち、源氏物語や万葉集に触れるきっかけになりました」。最終話の続きを自分で考えて描いていたほど大好きな作品なのだそう。「好き過ぎて、『私はどうして平安時代に生まれなかったのだろう』と思ったこともありました(笑)」

漫画はあくまで「趣味」と考えていた原田さんですが、大学入学後に参加した「まんが学会」で、漫画が学問として研究対象となることを知りました。「大好きな漫画が論文のテーマになると知ってワクワクしました」。今後は1970年代〜90年代の少女漫画を対象に「漫画作品における、人間と非人間の対立について研究したい」と、漫画の楽しみ方が広がっています。

原田 知佳(ともか)さん
熊本大学文学部 コミュニケーション情報学科 現代文化資源学コース 2年

「きらきら馨(かお)る」

(c)高橋冴未/ ウィングス・コミックス

平安時代を舞台に、主人公のおてんばな少女・沙桐(さぎり)と東宮の陽朔(ひざき)の身分違いの恋を描くファンタジー・ラブストーリー。


私のマンガ愛 STORY

すぱいすに寄せられた読者の「おすすめ漫画」や、それにまつわるエピソードを紹介します。あなたも読み返したくなる漫画が出てくるかも!

『スラムダンク』 井上雄彦

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

大好きな「スラムダンク」の安西先生が言ったこの言葉は、つらいときや、「もう嫌だ!」と仕事を放り出したいときに、根気よく頑張ろうと思わせてくれます。学生時代にも勉強や部活の時にハッとさせられました。何事も投げ出さず根気よく頑張れたのは、安西先生のおかげです。
(北区/30代・招き牛)

『きのう何食べた?』 よしながふみ

安く買った食材をうまくやりくりすることや、栄養と味のバランスが取れた献立、手際の良い調理方法…。大学生になって一人暮らしを始めた頃に登場人物のシロさんから学びました! 子育て中の現在も、シロさんのレシピにお世話になっています!
(東区/20代・ばーたら)

『ジョジョの奇妙な冒険』 荒木飛呂彦

シュトロハイム大佐みたいになりたくて、陸上自衛隊に入隊した。

「我がナチスの科学力はアアアアアアアアアア世界一イイイイイイイ」

(東区/40代・ひゃっはー)

『あさりちゃん』 室山まゆみ

学校でつらいことがあっても、あさりちゃんのギャグで笑って忘れることを覚えた!
(西区/40代・だぬきやま)

『ぽっかぽか』 深見じゅん

子育て時にテレビでドラマ化され、その後、漫画本を購入し全巻そろえました。子育てで、考えが偏りそうなときに「そんな考えもあるんだ!」と前向きになれてほのぼのとしました。
(西区/40代・さやママ)

『ときめきトゥナイト』 池野 恋

小学3年生の頃から、「りぼん」を購入すると一番に読む作品でした。私も中学生になったら、高校生になったら、蘭世のようにパワフルでワクワクする恋をするのかしらーとたくさん妄想させてくれました。そしてさらに「現実はそうはいかない」と分からせてくれたのもこの作品でした。
(中央区/40代・レナニヌイ)

『ガラスの仮面』 美内すずえ

恥ずかしがりで引っ込み思案だった小学生時代。「ガラスの仮面」を読んで演劇に目覚め、中学の部活で英語劇をするようになると人前でもちゃんと話せるようになり、積極的な性格に変わりました。
(中央区/40代・さっちゃん)

『今日どこさん行くと?』 鹿子木灯

熊本在住の漫画家さん。コミック全3巻は熊本をドライブする魅力が発信されています。かわいい主人公のイラストとリアルな観光地の背景画が見事です。サイン会に出向いたり、関連商品のお酒などを買って県外の人にあげたりして世界観に浸っていますが、何より車の運転が楽しくなります。
(東区/50代・ともろ)

すぱいすスタッフのおすすめ漫画は3行日記(紙面36ページ)で紹介。


アニメ「ワンピース」"刺さる"名言がこんなところに!

「ワンピース」の個性豊かなキャラクターたちのせりふが県内のJR駅構内や熊本市街地に登場! 心にグッときたり、クスッと笑えたり、センスあふれるせりふの数々が多くの人が行き交う場所で目に飛び込んできますよ。

4月23日(金)、アミュプラザくまもとのグランドオープンに向けてJR熊本シティが企画する「AMU VENTURE WORDS PROJECT」の一環。アミュプラザくまもと公式Twitterアカウントをフォローして、せりふの写真を「#アミュベンチャー」と「@amu_kumamoto」を付けて投稿すると、抽選でアミュプラザくまもとのショッピングチケットが当たります! 応募期間は3月21日(日)まで。詳しくは[アミュベンチャー]で検索。
https://www.jrkumamotocity.com/amuventure/


表紙掲載作品

シティーハンター (c)北条司/コアミックス 1985
前田慶次 かぶき旅 (c)原哲夫・堀江信彦・出口真人/コアミックス
アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり (c)荒井ママレ/コアミックス
終末のワルキューレ (c)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス
終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝 (c)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス、(c)オノタケオ
ワカコ酒 (c)新久千映/コアミックス
ハルとアオのお弁当箱 (c)まちた/コアミックス
あゝ我らがミャオ将軍 (c)もりちか・まつだこうた/コアミックス
綿谷さんの友だち (c)大島千春/コアミックス
尾かしら付き。 (c)佐原ミズ/コアミックス