【477号】オール男性スタッフによる「男」の不定期連載 すぱ男(だん) 第8回 愛を込めてパラパラチャーハンを〜♪編

ある日の編集部―。「すぱ男」を前にいつになく渋い顔の担当デスクの姿を目撃したやのっち。「また何かダメ出し…? まさかすぱ男打ち切り、俺卒業~!?」と焦った彼は、長年の独身生活で腕を磨いた得意料理でデスクのご機嫌を取る「お・も・て・な・し」作戦を決行。果たしてやのっちの、すぱ男の運命やいかに?


おもてなすどころか 激辛「し・か・え・し」レシピ

「うまい料理を作るには、まず格好から!」と、白いワイシャツに前掛けエプロンでキメたやのっち。きっと「M●CO′Sキッチン」をイメージしたのだろうが…。そんなやのっちが考案したのは、爽やかな汗でデスクの心をカラッと晴らす“スパイシーパラパラチャーハン”。油にたっぷりの唐辛子、豆板醤を入れて溶き卵、適当な具材、ご飯の順で加え、仕上げに七味、四川山椒、わさび、ハバネロなどを次々に投入。中華鍋の中は「まるでスパイスのG20やぁ〜!」。しかし、常軌を逸したスパイスの投入ぶりは、おいしいものを食べさせたいというより、日頃のダメ出しの仕返しがしたいだけにしか見えない…。完成したのは、ご飯の混ざり具合も微妙でねっとりとした、辛すぎる何か。デスクが食べると「ぐぇっ〜」と苦悶の表情…。卒業オメデトウ、やのっち(泣)。


歪(ゆが)んだ愛情から生まれた 元気100倍パラパラチャーハン

後がなくなったやのっちだが、次の一手もやはりチャーハンで挑む。今度は、疲れを翌日まで引きずるお年頃のデスクのために“スタミナチャーハン”を考えた。まずは、チャーハンの基本である“パラパラ”を追求するため、具材には乾燥きのこ・わかめなどを水に戻さずに使用します。さらにパラパラ感を出すために、火にかける前に溶き卵とご飯を混ぜてコーティングする調理法に変更。そこに、スッポン・オットセイ・トナカイ・マカなどのエキスが入った滋養強壮剤を加えた“元気ダシ”を入れて、ご飯が飛び散るのも気にせず思いっきり鍋を振ります。舞い上がる米がほぐれてきたら、真っ赤な箱でおなじみの薬草酒を高所から注ぎ入れて完成です。
ドキドキして試食を待つと、「う、うまし! 中国四千年の香りとやたら深みのある味わい、しかもパラパラだ!」とむさぼり食うデスク。長年の独身生活が功を奏し、チャーハンの腕でデスクを喜ばせることに成功しました(涙)。ということで、「すぱ男」は次回も続きます。

もったいないから落としたやつも混ぜておきました♪


結論。技術と思いやりが詰まったチャーハンは食べた人の心を動かす(かも)!

デスク

こんなおいしいチャーハンは久しぶりだ! ありがとう!!

やのっち

喜んでいただけてうれしいです(味見してないけど…)


意外とウマい! やのっち風スタミナチャーハン


求む!皆さんが知りたい「男ネタ」大募集!

「すぱ男」では、女性も共感でき、夫や周囲の男性に勧めたくなる情報や、一方で女性には全く理解できない男性ならではの趣味の世界を紹介していきます。皆さんが知りたい、知っている「男ネタ」をぜひお寄せください。

氏名、住所、電話、メールアドレスを明記の上、ハガキかFAX、メールで下記までお寄せください。

〒860‐8506 ※宛先住所は不要
くまにちすぱいす「すぱ男」係
FAX:096-372-8710
メール:spice.spice@kumanichi.co.jp