【504号】すぱいすフォーカス – かわいい子(ね)が大集合 ネズミに夢(む)チュー

令和2年は、十二支の一番最初「子年(ねどし)」。ネズミは家や町だけでなく、動物園やペットショップ、絵本の世界にもたくさん。新年の幕開けを彩る、かわいいネズミを見つけてきました。

駆除する対象から愛されキャラへ 人へ一番身近な動物

“ネズミ”は、ほ乳類の”齧歯(げっし)類””齧歯目”に分類されます。家の中にすむネズミをはじめリスやヤマアラシなど、その種類は二千とも三千ともいわれ、世界中どこにでも生息しています。

日本では、貝塚から多くのネズミの骨が発掘され、縄文時代から生息していることが確認されています。「高床式倉庫にネズミ返しが作られたように、ネズミは駆除の対象でした」とは熊本市動植物園の浅井さん。一方、「人間にとって身近な動物だから、絵本やキャラクターのモチーフになっているのでは」と絵本の読み聞かせなどを行う高野さんが言うように、絵本の世界では駆除する動物というイメージはありません。最近は、ペットとしてもネズミは人気なのだとか。愛らしいネズミのしぐさを見ると、思わず笑みがこぼれますよ。

知ってました? ネズミのあれこれ

ネズミの前歯は永遠に伸びる?

ネズミが属する“齧歯類”とは、上下の前歯が発達した動物のこと。この歯は永遠に伸び続けますが、硬い木や餌をかじることで削られます。

鳴き声は「チュー」だけじゃない

ネズミの鳴き声はいろいろあって、デグーは「キューキュー」、カピバラは「キュルキュルキュルー」、怒ると「ワン!」と鳴くそうです。

ネズミの好物は…

「ネズミの好物はチーズ」というイメージがありますが、雑食なので何でも大好き。チーズが好きかどうかは確認されていません。

「ネズミは賢い」はホント?

ネズミは捕食される動物なので、危険を察知する能力が高いといわれています。学習能力や記憶力も高いので、捕まえるのに一苦労します。


カピバラ
ネズミの仲間で一番の巨漢。のんきそうな見た目と裏腹に、時速50kmで走り、泳ぎも得意。
●体長/100~134cm

アフリカタテガミヤマアラシ
顔つきはかわいいけど、体には鋭い針がびっしり。危険が迫った時はお尻から突進!
●体長/60~90cm

チンチラ
フサフサの毛は触り心地抜群!砂浴びが好きなので、飼う時は砂場は必須。
●体長/25~35cm

短毛モルモット
社交的な性格と控えめな鳴き声で飼いやすいのが魅力。足は短いけど俊足です。
●体長/20~40cm

テディモルモット
縮れた体毛は、まるでテディベア。臆病な性格でちょっぴり甘えん坊です。
●体長/20~30cm

ピグミーハリネズミ
トゲトゲの体と愛嬌(あいきょう)ある表情にギャップ萌え。ネズミと付くもののモグラの親類です。
●体長/14~21cm

ファンシーラット
ネット動画で人気が出たファンシーラット。自分の名前を覚えるほか、一芸もできます。
●体長/最大25cm

ロングヘアーハムスター
長い毛並みを持つハムスターの一種。温厚な性格ですが、夜は活発に動きます。
●体長/15〜20cm

デグー
ずんぐりとした姿のデグー。賢く、人慣れしやすいのでペットとして人気です。
●体長/12~20cm

カラージャービル
和名はスナネズミで、中国からロシアにまたがる砂地に生息。とても好奇心旺盛で人なつっこい。
●体長/10~15cm

パールホワイトハムスター
ハムスターの中でも小型のジャンガリアンハムスター。真っ白でしぐさもかわいい!
●体長/7~13cm

ロボロフスキーハムスター
2頭身で、一番小さなハムスター。名前からも分かるようにロシアで発見されました。
●体長/7~10cm

パンダマウス
パンダのような黒白のカラーリングが特徴的。おとなしいのでペットとしても人気。
●体長/約7cm


教えてくれたのは

熊本市動植物園 飼育員(カピバラ・ヤマアラシ担当)
浅井 葉月さん

食べたり寝たり、何げないしぐさもキュート。毎日写真に撮っています。

店舗情報

熊本市動植物園

住所
熊本市東区健軍5‐14‐2
TEL
096-368-4416
営業時間
9時~17時(入園は16時30分まで)
休業日
月曜(第4月曜は開園、翌日休、祝日の場合は次の平日)、12/30(月)~1/1(祝)
料金
入園料/高校生以上300円、小中学生100円、未就学児無料 ※1/2(木)~5(日)は「干支展」開催

DCMダイキ ペット&グリーン本山店 ペット担当
宮本 望美さん

ネズミは子どもたちでも扱いやすいので、初めてのペットにおすすめです。

店舗情報

DCMダイキ ペット&グリーン本山店

住所
熊本市中央区世安町33‐1
TEL
096-371-3511
営業時間
8時~20時(1/2・3は10時〜18時)
休業日
1/1(祝)、1/27(月)

絵本の世界のネズミたち

価格はすべて税別

十二支のはじまり

文 谷真介 絵 赤坂三好 佼成出版社/1068円

十二支の順序がどうやって決まったのか、ネズミとネコの対立理由も分かるお話。

ねずみくんのチョッキ

文 なかえよしを 絵 上野紀子 ポプラ社/1000円

お気に入りの赤いチョッキ。みんなに貸してあげたら…。切ないけどやさしさがいっぱい。

ガシガシねずみくん

文・絵 五味太郎 クレヨンハウス/1200円

五味太郎さんの十二支シリーズ。ガシガシなんでもかじるネズミくんがコミカル。

14ひきのもちつき

文・絵 いわむらかずお 童心社/1200円

ネズミの大家族がお正月の準備。古き良き日本の風習が、あたたかな絵でつづられます。

教えてくれたのは

絵本とおはなしの店 ぺぺぺぺらん代表
高野 和佳子さん

「チューチュー」や「ガシガシ」などネズミが出す音も、子どもたちは大好きです。

店舗情報

ぺぺぺぺらん

住所
熊本市北区麻生田1‐2‐2
TEL
096-337-0450
営業時間
10時~17時30分(日曜、祝日は11時~17時)
休業日
第4日曜、12/29(日)〜1/5(日)