熊本の旬な情報を発信しているKumarismのメンバーが、大学生ならではの偏った目線でモノコトを熱く語ります!
Haruka

ウサギの魅力にひかれて6年、動物が大好きな文学部1年女子。最近、ミラーレス一眼を買ってカメラを始めました。


ペットのウサギにメロメロです

最近、家で飼っているウサギのマリーを観察して毎日癒やされています。私は実家暮らしで、マリーを飼い始めてもう6年になります。今までは中学・高校と学校生活が毎日忙しく、家にいる時間が短かったのですが、今年から大学生になったことで時間に余裕ができたこと、さらに新型コロナウイルスの影響で授業がほとんどオンラインになったことで、ウサギと一緒にゆっくり過ごす時間が増え、改めてウサギの魅力を発見しました。

まず、ウサギはとても飼いやすい動物です。基本的におとなしい性格で、犬のようにほえたりしないので騒音問題はありません。また飼育スペースもそこまで広くなくてよいので、一人暮らしのマンションでも飼いやすいです。さらに、一度臭いのついたところにトイレをするので、トイレのしつけなどもしやすいです。私もトイレのしつけに苦労した覚えは全くありません。

ウサギは犬や猫のように人間とのコミュニケーションは取れませんが、ちゃんと懐いてくれます。例えば、頭を下げてなでてくれるのを待っていたり、かまってほしいときは鼻でつついて合図してきます。

私がレポートに頭を抱えていた時は、近くに寄ってきてぴったりとくっついてきてくれました。私が困っていることはおそらく理解していなかったと思いますが、そばに寄り添ってくれたように感じて心が温かくなりました。

   私の足元ですやすや眠っています

ウサギはとても無防備です。

私が昼寝から起きると、寝る前はいなかったマリーが、私のすぐ横で足を伸ばして白目で寝ていたこともありました。白目はちょっと怖いですが、懐くとそんな面白い姿も見せてくれます。

爆睡しているときの白目、怖いです

左:普段 右:寒い時 こんなにも違うんです!

ウサギの体はたくさんの柔らかい毛で覆われていますが、寒い時、毛に空気を含んでいつもよりモコモコになっている姿がすごくかわいいです。マリーがモコモコになっていると「今年も冬が来たな」と感じます。まさに冬の風物詩ですね。

ウサギは食べ物を食べている姿もすごくかわいらしいです。

特に食べている時の口の動きがお気に入りで、掃除機のように食べ物が口の中に吸い込まれていく様子はずっと見ていられます。寝転がってそれを下から観察するのがおすすめです。

ちなみにマリーの大好物は、チンゲンサイや水菜などの葉物野菜とバナナです。ウサギがバナナを好むのは意外ですよね?

        食べているときの口元がすごくかわいいです

このようにたくさんかわいい魅力がありますが、私が思うウサギの最高に可愛いところは、猫のように毛づくろいをするところです!

体も足もしっぽも、体じゅうきれいになめて毛づくろいします。特に顔を洗うところが愛らしく、耳まで折って丁寧に洗います。

そんな魅力たっぷりのウサギに、今日も私はメロメロです。

手を器用に使って猫のように顔を洗っています