第07景 「選ぶ」ことで燃え尽きてしまう

先日、お寺で婚活をする「寺コン」が行われました。子孫繁栄を願い、人と人とのご縁を結ぶその場所で、独身男女10対10がご対面。ご本尊の前で自己紹介し、写経やお守り作りを体験しながら、めでたく4組のカップルが誕生しました。

場所柄か、参加者は真剣です。ただ、真剣であればあるほど難しいのが、エネルギーの使い方、ペース配分。よくあるのが、相手を選ぶことだけで力を使い果たすケースです。婚活イベントは、登った後に必ず下りる登山と一緒。相手を選ぶのは前半の登り、下りとなる後半戦では、相手から選ばれる体力が必要です。

自己紹介で気になる相手を絞ったら、後半はその人に選ばれるようアプローチします。最後まで選ぶことに没頭し、ふと周りを見ると自分だけがボッチになっていた…。そんな人が出ないよう、私は登山ガイドとなって、山頂に立つ参加者に「はい、選ぶ(登る)のはここまで!」「ここからは選んだ人へアタックナンバーワン(下山)の時間よ」と声を掛けます。緊張で調子が出ない人には休憩や給水を勧めます。無事に下山できたらカップル成立の瞬間ですが、成立ならずのメンバーとも健闘をたたえ合います。

恥ずかしさを乗り越えて異性を口説くのはとてもエネルギーを使います。最後まで息切れさせず、ハートに汗をかきながらもお目当ての相手と一緒にゴールさせる。これがガイドの役目なのです。

「忘れるな、相手も選んでいる!! 選ばれる体力を残して戦え!」


PROFILE
荒木直美

あらき・なおみ 婚活コーディネーターとして、約1000組のカップルを誕生させた実績を持つ。婚活の心構えやカップルになるための必勝法をレクチャーする、オリジナルの婚「喝」語録が話題に。テレビやラジオでも活躍する主婦タレント。