第21景 ネガティ部男子の泣きごと相談

婚活パーティーで、タイプの異性とカップルになった後もいろいろあるわけで、ある日「彼女にラインしたら既読スルーされて」という男性からの相談がありました。仕事中だったためすぐには返事ができず、3時間後に「心配かもしれないけれど彼女は仕事中なのでは? 私も仕事だったので返信が今になりました(笑)」と返すと、「荒木さんすみません。たった今、彼女から連絡ありました。お騒がせしてすみませんでした」と返信が。

気持ちはわかります。好きになったら、世界がその人中心に回っちゃうもんだし、お花畑にいるような…フワフワした感覚で、気持ちも落ち着きませんよね。それが恋。でもね、男ならもう少しドシッと構えましょう。既読スルーをスルーできるようになること! 連絡が返ってこないことを心配するより、どうやってこれから相手を幸せにしてあげるか、そっちにエネルギーを使いましょう。

もちろん、相手が本当に嫌気がさして既読スルーしている場合もあります。だからといって悩んだところで相手の気持ちは変わりません。婚活はハートの筋トレ! 「失敗」は成長に欠かせない栄養分です。ダメならスパッと諦めて次に進む。とはいえ、ここで注意! そもそも既読スルーはいけません。たとえそれが交際お断りのお別れメールであったとしても、逃げずに相手のために、きちんと返信してください。

スルーへの強さを身に付け 「痛み」は栄養ドリンクと思え


PROFILE
荒木直美

あらき・なおみ 婚活コーディネーターとして、約1200組のカップルを誕生させた実績を持つ。婚活の心構えやカップルになるための必勝法をレクチャーする、オリジナルの婚「喝」語録が話題に。テレビやラジオでも活躍する主婦タレント。