火の国元気スポーツ

東京オリンピックの影響で中断していたJ3リーグも今週末から再開。4位で折り返したロアッソ熊本は、4年ぶりのJ2昇格に向けて28日、アウェー鳥取戦から再スタートです。

出て来い、チームを引っ張るニューヒーロー!

1カ月半に及んだ中断期間を経て、リーグ戦はいよいよ後半です。この間、選手たちは前期の結果を踏まえ、再開に向けて準備してきました。

リーグ戦前半のデータを振り返ると、勝ち点24の3位で昇格圏との勝ち点差はわずか1。しかし、得点、シュート数はともにリーグ7位で、攻撃面でやや物足りない結果だったことが分かります。

一方、失点数は長野と並びリーグ最少で、堅守で勝ち点を重ねてきたといえそうです。つまり、守備面を継続しつつ、攻撃の質を高めることが後期のテーマ。中断期間の練習試合でも、大木武監督がそうした部分を強調していました。

同時に、ここから順位を上げていくためには、前期は出場機会の少なかった選手たちの活躍、ニューヒーローの登場が欠かせません。

ルーキーの坂本亘基ら、練習試合では若手が存在感をアピール

「昇格とか優勝をするチームには、ラッキーボーイになる選手が必要。そういう選手がどんどん出てくると、チームの勢いも増す」とMFの水野泰輔選手。2年目のFW樋口叶選手も、「前期は交代出場で点を取った選手がいなかった。途中から出る選手が流れを変えることも大事なので、自分の良さを出して、どんどんゴールを目指したい」と意欲を燃やしています。

若いチームだからこそ、誰にでも可能性があるはず。チームを引っ張る、ニューヒーローの登場に期待です。

チーム情報

第16節 8月28日(土) 19:00 vs 鳥取(Axisバードスタジアム)
第17節 9月5日(日) 17:00 vs 今治(えがお健康スタジアム)
第19節 9月19日(日) 18:00 vs 長野(長野Uスタジアム)

ロアッソ熊本の情報は熊日朝刊で詳しくお伝えします。