第39節の岡山戦に引き分け、今シーズンの21位以下が決まったロアッソ熊本。しかし、最下位を回避すればJ2残留の可能性がある最終順位の決定は、今週末の最終節までもつれこんでいます。

2018年ラスト。スタジアムで会いましょう。

奥さん、日曜日は熊本市長選の投票日です。

さて我らがロアッソ熊本。第40節の新潟戦では、試合終了間際の田中達也選手のゴールで実に11試合ぶりの勝利を挙げ、なんとか最下位を脱出。しかし最終順位は前節を終えても確定せず、ホームで臨む今週末の最終節・愛媛戦にまでもつれることになりました。

J3ではFC琉球が優勝とJ2昇格を決めているため、J2最下位が自動降格することは決定。21位で終えても、J3から2チームが昇格する場合、熊本は降格となります。

第40節のアウェー・新潟戦で勝利を喜び合う選手たちとサポーター

しかしどんな結果になろうと、ロアッソ熊本というクラブは私たちにとっての財産。支え続けていこうという熱いサポーターは大勢います。岡山戦の時に話を聞いたある男性は、こう話していました。
「成績が悪いからって、選手を責める気持ちで試合を見ても面白くない。自分たちが楽しむことで、スタジアムは楽しい場所ですよって空気を、クラブとお客さん、皆でつくっていけばいい。降格しても応援するスタンスは変わりませんし、試合にも行きます。なぜって、そこに『会いたい人』がいるからですよ(笑)」

17日は今年最後の試合。皆さん、スタジアムでお会いしましょう。

チーム情報

第42節 11月17日(土) 14:00 今季最終戦 vs 愛媛FC えがお健康スタジアム
ロアッソ熊本・大忘望年祭 12月16日(日) 12:12:12〜 サンロード新市街特設会場
サポーター主導で行うシーズン終了後の感謝イベントは今年で10回目。

ロアッソ熊本の試合結果は翌日の熊日朝刊で詳しくお伝えします。ホームゲームの前売り入場券はお近くの熊日販売店で取り扱い中。