火の国元気スポーツ

トップチームはJ3リーグで波に乗れていませんが、アカデミー(育成組織)では将来を見据えたさまざまな動きが始まっています。先日発足したロアッソ熊本ジュニアユース阿蘇もそのひとつです。

真の「県民クラブ」へ、ジュニアユース阿蘇発足

今月6日、五岳を望む阿蘇市農村公園あぴかで「ロアッソ熊本ジュニアユース阿蘇」の結団式があり、18人の選手たちが大きな夢への最初の一歩を踏み出しました。

ロアッソ熊本は、地域活動のひとつとして始めた「火の国もりあげタイ!」をきっかけに、高森町でサッカースクールを実施してきました。しかし、阿蘇地域には中学生を対象としたクラブがなく、地元で育った選手たちがクラブチームでサッカーを続けるには、熊本市などへ出て行かざるを得なかったのです。そこで、「地元の子どもが、地元でサッカーを続けられる環境を」という要望を受け、今回の設立に至りました。

熊本市で活動するジュニアユースとは違い、セレクションで選抜されたチームではないものの、ここからユースやトップチームに進むケースも考えられます。さらに、阿蘇を皮切りに、人吉などでもチームを立ち上げる計画もあるそうです。

つまり県内各地で育った肥後っ子が、ユースを経てトップへ、プロ選手へという可能性が広がったということ。それは「県民クラブ」としての理想の姿かもしれません。

将来を見据えた取り組みの今後に、注目です。

チーム情報

第7節 4月28日(日) 13:00 vs アスルクラロ沼津(愛鷹広域公園多目的競技場)
第8節 5月5日(日・祝) 15:00 vs ヴァンラーレ八戸(えがお健康スタジアム)
第9節 5月19日(日) 19:00 vs ガイナーレ鳥取(えがお健康スタジアム)
天皇杯 第99回全日本サッカー選手権大会 熊本県代表決定戦 5月12日(日) 13:00 (大津町運動公園球技場)

ロアッソ熊本の試合結果は翌日の熊日朝刊で詳しくお伝えします。ホームゲームの前売り入場券はお近くの熊日販売店で取り扱い中。