火の国元気スポーツ

J3リーグでもようやく首位に手が届く順位まで浮上してきたロアッソ熊本。天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会でも熊本県代表としての出場を決め、上位進出を目指します。

リーグ戦で勢いを増すために天皇杯も勝ち上がれ!

ロアッソ熊本は12日、天皇杯の熊本県代表決定戦に臨み、東海大熊本を3‐0で下しました。サッカーの天皇杯は国内最大のトーナメント。大会の決勝は来年の元日、新国立競技場であります。J3クラブはシード出場枠がないため、出場には県代表の座を勝ち取る必要がありました。

代表決定戦では、リーグ戦3連勝中という良い流れを切らないよう、大半のメンバーを変えずに戦いましたが、GK内山圭選手が公式戦初先発を果たして完封勝利に貢献。また、負傷離脱で別メニュー調整を続けていたFWの三島康平選手も交代出場して、終了間際のMF岡本知剛選手のゴールをアシストしました。

今年の最大にして唯一の目標は「1年でのJ2復帰」。そのためには、全体を底上げし、さらに勢いを止めないことも必要で、大会は違えど天皇杯で勝ち進むことも、リーグ戦につながっていきます。

熊本県代表決定戦では、GK内山圭選手(後列左端)が公式戦初先発

熊本県代表決定戦では、GK内山圭選手(後列左端)が公式戦初先発

本大会の1回戦は今週末の26日、えがお健康スタジアムで大分県代表のヴェルスパ大分と対戦。2回戦ではJ1サガン鳥栖と対戦することが既に決まっています。まずは今週末の1回戦を勝ち、6月2日、敵地でのJ3リーグ第10節、北九州との上位決戦につなげたいところです。

チーム情報

天皇杯1回戦 5月26日(日) 13:00 vs ヴェルスパ大分(えがお健康スタジアム)
J3第10節 6月2日(日) 16:00 vs ギラヴァンツ北九州(ミクニワールドスタジアム北九州)
同第11節 6月9日(日) 19:00 vs セレッソ大阪U‐23(えがお健康スタジアム)
同第12節 6月15日(土) 18:00 vs FC東京U‐23(えがお健康スタジアム)

ロアッソ熊本の試合結果は翌日の熊日朝刊で詳しくお伝えします。ホームゲームの前売り入場券はお近くの熊日販売店で取り扱い中。