火の国元気スポーツ

リーグ戦も残り7試合。いよいよ終盤に入ってきました。まだまだ上位チーム同士の直接対決が残っていて、昇格争いがどうなるのか、最後まで目が離せない展開が続きます。

1勝以上の価値がある「6ポイントマッチ」に注目

ラグビーワールドカップは日本代表がアイルランド、スコットランドといった強豪を撃破してベスト8(決勝トーナメント)に進み、大いに盛り上がりました。

熊本で行われた2試合は、いずれも2万7千人超の大観衆がスタジアムに詰め掛けました。普段とは全く違う光景を目の当たりにして、「近い将来、Jリーグでも同じような景色を見られる日が来ればいいな」と、切実に感じたものです。

さて、ロアッソ熊本の選手たちは、残り7試合でJ2復帰の条件となる2位以内への再浮上を目指します。とりわけ、群馬、北九州と続く来月初めの2試合は重要なゲーム。というのも、勝ち点差が近い相手との試合に勝てば、「勝ち点3を得る」にとどまらず、「相手に勝ち点3を与えない」ことになり、「実質的には勝ち点6の価値がある」という意味で、「6ポイントマッチ」と呼ばれる大一番だからです。

熊本ゴール裏がチームカラーの真っ赤に染まった前期のアウェー北九州戦。ホームでも「6ポイントマッチ」を制したい

ロアッソ熊本はまだ「追う立場」。しかし、直接対決で勝ち点差を詰められれば、メンタル面でもライバルにプレッシャーを与えることができるはずです。

試合中は90分間、最後まで何が起きるか分からないのと同じように、リーグ戦も最後まで何が起きるか分からない。それこそがまさしくサッカーのだいご味。私たちは、選手たちを信じて後押しするのみです。

チーム情報

第28節 10月27日(日) 15:00 vs アスルクラロ沼津(えがお健康スタジアム)
第29節 11月4日(休) 18:00 vs ザスパクサツ群馬(正田醤油スタジアム群馬)
第30節 11月10日(日) 14:00「マイナビマッチデー」 vs ギラヴァンツ北九州(水前寺競技場)
第31節 11月17日(日) 19:00 vs いわてグルージャ盛岡(えがお健康スタジアム)

ロアッソ熊本の試合結果は翌日の熊日朝刊で詳しくお伝えします。ホームゲームの前売り入場券はお近くの熊日販売店で取り扱い中。