火の国元気スポーツ

今週末の試合を含め、リーグ戦は残り3試合。1年でのJ2復帰を目指した戦いは、思いがけず厳しいものとなりましたが、可能性に賭ける戦いは最後まで続きます。

ラスト3試合 最後まで諦めない !

群馬、北九州と続いた上位チームとの直接対決は1分1敗で、勝ち点を伸ばすことはできませんでした。その間、連勝した2位藤枝との差が少しずつ開いてしまいました。

しかしながら、昇格圏に滑り込む可能性はまだ残されています。残り3試合、まずは自分たちの力で勝ち点を重ね、望みをつなぎたいところです。

11月10日、水前寺競技場で行われた北九州との「6ポイントマッチ」は引き分けに終わりましたが、アウェーから訪れた北九州サポーターも含めて6404人の観客が詰め掛け、水前寺競技場のスタンドが久しぶりに満杯となりました。

熊本サポーターはチームバスがスタジアム入りするのに合わせ、大きな声を出しながら出迎えました。老若男女が集ったその数は数百人に上り、試合に臨む選手たちを鼓舞したのです。

スタジアムに到着した選手バスを迎え、試合に臨む選手たちに声援を送るサポーターたち

スタジアムに到着した選手バスを迎え、試合に臨む選手たちに声援を送るサポーターたち

そうした光景を見て、チームとクラブが重ねてきた歴史と、応援する人たちの思いの深さを感じました。振り返ると、本当に何もないところから生まれたクラブが、さまざまな曲折と15年の歳月を経て、多くの県民が希望を託す存在となっているのです。

厳しい状況でも、後押しする人たちは最後までJ2復帰を果たしてくれることを信じています。その期待に応えるべく、残り3試合で奇跡を起こしてもらいたいと思います。

チーム情報

第32節 11月24日(日) 13:00 vs SC相模原(相模原ギオンスタジアム)
第33節 12月1日(日) 14:00「ホーム最終戦」 vs 福島ユナイテッドFC(えがお健康スタジアム)
第34節 12月8日(日) 13:00 vs AC長野パルセイロ(長野Uスタジアム)

ロアッソ熊本の試合結果は翌日の熊日朝刊で詳しくお伝えします。ホームゲームの前売り入場券はお近くの熊日販売店で取り扱い中。