火の国元気スポーツ

首位・秋田との直接対決には敗れたものの、第10節、第11節と勝ち点を積み上げ上位を守るロアッソ熊本。選手たちの奮闘を支えているのが、主務やマネジャーなどの裏方のスタッフたちです。

目立たなくても欠かせない存在にねぎらいの拍手を

シーズンも間もなく中盤を迎えますが、好スタートを切ったロアッソは依然、昇格権をキープ。首位の秋田を追いかけます。

さて、新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの暮らしもさまざまな影響を受けています。その一方、医療関係者をはじめ、物流や販売に従事する方たちが普段通りに働いてくれているおかげで、不自由なく生活が送れていることも実感しています。

スポーツの現場でも、選手たちが輝けるのは裏方として支えるスタッフあってこそ。ロアッソ熊本でも、彼らの存在なくしてチームの好調はないと言えます。

選手たちのコンディションを整え、メディカルケアを行うトレーナーも大変ですが、練習に使う用具やドリンクの準備をし、またパフォーマンス向上のための映像撮影、そしてアウェー遠征時の各種業務を担当する主務やマネジャーも欠かせない存在。

練習でも試合でも、選手たち以上にハードワーク。練習中の給水も、選手一人一人のボトルを用意します

特に、飲料の用意に関しては、感染拡大防止の観点から選手個人個人にボトルを用意するようになり、より細やかな準備が求められるようになりました。

決して表には出ませんが、彼らにもねぎらいの拍手を送っていただけたらと思います。

チーム情報

第12節 8月30日(日) 16:00~ vs アスルクラロ沼津(愛鷹広域公園多目的競技場)
第13節 9月2日(水) 19:00~ vs カターレ富山(富山県総合運動公園陸上競技場)
第14節 9月6日(日) 18:00~ vs AC長野パルセイロ(えがお健康スタジアム)
第15節 9月12日(土) 19:00~ vs SC相模原(えがお健康スタジアム)

ロアッソ熊本の情報は熊日朝刊で詳しくお伝えします。