こんにちは!
今回は熊本大学新聞社のアウトドア要員である、「いっちー」がお届けします( ´ ▽ ` )

普段は授業に追われ多忙な私なのですが、先日偶然にも授業がなくなって1日お休みの日がありました。なので、フットワークと頭の軽い私は、ほぼノープランで南阿蘇の方まで小旅行しに行ってきました……しかも原付で(笑)

まず最初に訪れたのは上色見熊野座神社です。
入口である鳥居を潜ると、森の中を階段でできた道が貫いており、映画のワンシーンのような光景を目のあたりにすることが出来ます。
境内までその階段が続いているのですが、私は普段運動していないことがたたって、20分かけて登りました(´;ω;`)ただ、道中は木々に囲まれていることもあってとても涼しく、割と快適に進んでいくことができます。
境内に到着しお参りをした後にも、まだ道は続きます。「穿戸岩」と呼ばれる大風穴が神社の頂上部にあり、そこは合格、必勝のご利益があるそうです。ただし、そこまでの道のりは少し険しいので十分注意して登ってくださいね(^ ^)

次に訪れたのは白川水源です。
ここは地名通り、熊本を流れる白川の水源地です。
ここでは湧き水を汲んで飲むことができます。私はおにぎりを持参していたので汲んだ水と一緒に昼食にしたのですが、流石水源の湧き水と言ったところでした。冷たくて少しだけ甘い湧水は、おにぎりとの相性バツグン。また近々水を組みに訪れたいです(^ ^)

最後に訪れたのは高森湧水トンネルです。
ここは熊本ー高千穂間を結ぶトンネルをほっていた際に出水が起き、それを観光地にしたものです。中は遊歩道が整備されており、外見からは想像がつかないような幻想的な世界が広がっています。本当に思っていたものと違うものが中にあるはずなので、あまり詳しいことは言わないでおきます(´>∀<`) 気になる方は直接訪れてみてください。ホントにびっくりしますよ。私は「これがあるのか!」って思いました(^ ^)それは期間限定かもしれないので、お早めにどうぞ。

他にも訪れたところはあったのですが、今回はとりわけ私が楽しかった場所を紹介させて頂きました。それでは次の新聞社の更新をお楽しみに〜(_ _)

いっちー

キャンプが趣味のアウトドア系男子です(^ ^)燻製にもハマってます(´>∀<`)