こんにちは!熊大新聞社1年生のじーまです。これからよろしくお願いします!

5月からずっと夏本番みたいな暑さが続いていますね。ホントに8月とかどうなっちゃうんでしょうか。真夏日が続く中、私は早くも夏バテ気味です(+_+) 夏が来るのが早すぎたから、その分秋も8月後半くらいから始まればいいなぁ…。とりあえず、これを書き終わったら夏休みの予定も少し考えます。

さて今回は、芸術の秋を先取り、というわけではありませんが、熊本大学構内で稽古をしている劇団、「演劇集団『革命屋』」さんに突撃取材に行ってきました!

この日は授業等の都合で来られなかったメンバーもいましたが、大学生と高校生で10名ほどのメンバーが活動しているとのこと。公演一か月前という大事な時期ではありましたが、練習を快く見せてくださいました。少しゆるーく、でも演技中は本気で。高校で演劇部に所属していた身としては、懐かしさと楽しさを感じる空間でした。そんな練習中の様子から一枚。机より向こう側を舞台と見立てての練習です。

…どんな状況だこれ。そう思った方は是非本番にお越しください(笑)。

そんな「演劇集団『革命屋』」さんの旗揚げ公演として「第壱回公演『鏑矢』」が、8月18日に熊本市立図書館のホールで開催されます。入場は無料、上演されるのは「人間が幸せになるためのたった一つの方法」など、山口薫さんが脚本・演出を担当するオリジナル脚本3本です。暑さしのぎもかねて、ぜひ足を運んでみてはどうですか?

じーま

趣味の読書がやっと復活。運動も好きだが、最近は夏バテでダウン