はじめまして、熊本大学新聞社の雪だるまです。よろしくお願いします。
熊本大学は9月26日から後学期がスタートしました。大学の夏休みは「人生の夏休み」と呼ばれているように、約2カ月あってとても長く感じたのですが、いざ夏休みが終わると憂鬱な気分になりますね(-_-)

さて今回は、これまでほとんど触れたことがなかった熊本大学について簡単に紹介したいと思います!

最初は熊本大学付属図書館(中央館)の写真です。図書館ではありますが、集団で勉強するためのスペースやパソコン室が備わっており、試験勉強などいろいろな目的で利用する人がいます。大学のパソコンでなければできない課題は図書館でやることが多いですね。また、スーパーサイレントルームというおしゃべり禁止の部屋もあるのですが、本当に静かでバッグから道具を取り出すときの物音にも気を配ったりすると聞きました。図書館は条件を満たせば一般の方でも利用できるそうなので、ぜひ図書館のHPをチェックしてみてください。

次は工学部百周年記念館の写真です。北キャンパスにある五高記念館は地震のため休業中ですが、南キャンパスにあるこの記念館は大丈夫だったみたいです。講演会があるときはこの場所で開かれたりします。図書館と同じくらいガラス張りで、天気が良いと写真のように綺麗な感じになります。

最後に紹介するのは全学共用棟にある教室です。他の大学の教室について調べてみましたが、さすがに教室では差は無いようですね(笑)僕は微分積分の授業がこの教室でおこなわれるので週に1回利用しています。168人収容できるらしいのですが、このくらいの広さになると、実際に席の大部分が埋まる授業というのはそんなにありません。ちなみに大きい教室だと267人が座れるところもあります。

熊本大学について紹介できなかったところはたくさんあるので、別の機会にでも紹介できたらと思います。

熊本大学では11月に紫熊祭が予定されていて、役員がちょうど頑張っているところです。熊本大学新聞社も11月には特別号を発行するのでどちらもよろしくお願いします(^^)

雪だるま

暑いのが苦手。夏より冬の方が10倍好き