牛を繁殖し肥育 次世代に向け畜産を夢ある仕事に

菊池郡大津町にある『帆保畜産』の5代目。牛の繁殖、肥育を一貫して手掛け、昨年の「熊本県畜産まつり」では肉質の良さが評価され、最高賞の農林水産大臣賞を受賞しました。本格的に肥育を始めて3年での快挙に、驚きの声が上がったそう。今年10月、再受賞を果たせば初の2連覇となるため、仕事にも力が入っています。「同業で自分よりすごい人はたくさんいる」としながら、「気温や湿度に合わせて餌の量を調整したり、牛1頭ごとに必要なケアを見抜いたりするセンスはあるかな」と笑います。

「人間のエゴで奪う命。病気や事故で命が失われることがあってはいけない」との思いから、牛の個体管理を全てデータ化。異変があれば即時対応できる環境を整えました。「手間を掛けた分、それに牛が応えてくれる」と話し、成績が伸び、収入へと結び付いていくこともやりがいになっているとか。「畜産はきつい、汚い、休めないというイメージがあるけれど、経済性が高く、休暇も取れる牧場経営のビジネスモデルを示すのが目標。そして、次の世代に『畜産は夢を見られる仕事』だと伝えていきたい」

Time Schedule

7:00 起床
8:00 牧場を巡回し、餌やり、掃除などを行う
18:00 経営する焼肉・精肉店で接客、皿洗いなど
24:00 帰宅
翌1:00 就寝

1982年、菊池郡大津町生まれ。県立農大卒業。2014年、祖父から『帆保畜産』を引き継ぎ、法人化。15年、6次産業化の取り組みで大津町に焼肉・精肉店「LIEBE」を開業。16年、「熊本県畜産まつり」で4代連続となる農林水産大臣賞を受賞。妻と子どもの5人暮らし。

Information

和牛焼肉「LIEBE~リーベ~」
http://www.liebe-kumamoto.com/