いつまでも家族や社会の一員に 動物と飼い主をサポート

動物の健康サポートやメンタルケア、高齢になった動物の介護、飼い主のペットロス相談などに対応する『コンパニオンアニマルパーティー』の代表。

「動物病院に勤務していた時、おなかを壊したと、頻繁に来院するワンちゃんがいたんです。その原因をたどると、環境の変化によるストレスが関係していました」と増子さん。引っ越しや家族の変化などが原因で人にほえるようになった、いたずらするようになったなど、ペットはちょっとした周囲の変化を敏感に感じ取るのだとか。そのことに気付かないまま、ペットを手放してしまう飼い主もいるそうです。「家族の一員としての“終生飼養”を実現するには、飼い主の悩みや問題も含めてしっかりと話を聞くことが大切だと思っています」

一方、動物愛護活動にも情熱を注ぎます。保護した犬猫の里親探しのアドバイスや、地域の迷惑になっている犬猫問題のサポートなどを電話やメールで行う「わんにゃんぴっ相談室」も開設。「動物を社会の一員と認める“適正飼養”を考える契機になれば。気軽に相談できる窓口を全国に広げたい」と話します。

Time Schedule

6:30 起床、散歩
7:00 朝食
8:30 始業。訪問やカウンセリングなど
17:00 帰宅後、ブログの更新や資料作り
20:00 夕食
23:00 就寝

1962年、熊本市生まれ。東京の動物看護師専門学校卒業後、動物病院に勤務。1998年、熊本でフリーランスの動物看護師に。「熊本の動物愛護を考える会~ACT~」代表。熊本市・県の動物愛護推進協議会にも関わる。2人の子どもは独立し、現在は1人暮らし。

Information

コンパニオンアニマルパーティー http://cap-masuko.com
ペットの相談はメールで受け付け。 cap.masuko@gmail.com