アンバサダーとしてチームを支え ファンとの懸け橋に

選手として1年間所属した『熊本ヴォルターズ』を昨シーズンで引退し、今年7月、チームの広報を担うアンバサダーに就任。「熊本が好きだから、他のチームに移籍して現役を続けようとは思わなかった。引退の後悔は全くない」。現在はマスコミ対応やラジオ番組のDJ、イベント運営などでチームをサポートしています。モデル経験もあるルックスと関西弁の軽快なトークで現役時代から注目を集め、早くも“ケンバサダー”の愛称で親しまれています。

チーム創設以来、アンバサダー職は初めてのポストで、何もかもが手探りの日々。チームの魅力を一人でも多くの人に伝えたり、動員数やグッズの販売利益を上げて経営を支えたりすることが求められていますが、「効果がまだはっきりと見えず、焦ることもある」と本音ものぞかせます。そんな中でも「ファンの生の声を拾ってチーム運営に生かしたい」と、交流イベントを行うなど自分流のアンバサダー像を積極的に構築しています。チームのさらなる飛躍のため、ファンとの懸け橋になるため、挑戦は始まったばかりです。

Time Schedule

7:30 起床
9:00 出社。スポンサーのハヤシスポーツで打ち合わせ
13:00 ラジオ収録
15:00 練習会場へ
17:00 事務作業
18:00 退社
19:00 トレーニングジムへ
24:00 就寝

松永 建作さん

1989年、大阪府生まれ。関西外国語大学卒業。鹿児島、東京のプロバスケットボールチームで活躍後、2016年、「熊本ヴォルターズ」に移籍。17年に現役を引退し、アンバサダーに就任。熊本市で1人暮らし。

Information

10月7日(土)・8日(日)、ホーム開幕戦となる『茨城ロボッツ』戦が熊本県立総合体育館で開催。
https://www.volters.jp/