震災後、子どもの心と体に寄り添う 体育通し、自発的活動を後押し

熊本市を中心に全国で子どもへのスポーツ指導を行う「Fun&Fit」で、子どもたちから“ドナルド先生”の愛称で親しまれている緒方さん。熊本地震後、全国から届けられる支援物資を幼稚園や保育園に届ける中で、「遊ぶ場所がなくストレスを抱える子どもの多さにがくぜんとしました」と話します。

仕事に行くにも子どもの預け先がないという保護者の切実な声を聞き、本震の2日後には、無料で子どもの預かりをスタート。「思い切り走り回ったり、屋外で料理作りを楽しんだりしていると、不満ばかりを口にしていた子どもたちに笑顔が戻ってきました」。その笑顔が原動力になったそうです。

その後も、益城町の小学校の放課後活動をはじめ、西原村・御船町などの公立保育施設で体育教室を開くなど、支援を続けました。「直接的に関わるのは子どもたちですが、避難所を運営する方々の支援にもなっていたはずです」

今後は、「私たちが関わらなくても、それぞれが自発的に活動できるようノウハウを伝え、指導していくのが私たちの目指す最終的な支援です」

Time Schedule

5:00 起床
5:30 朝食
6:30 小学校に 参加者迎え
9:00 イベント開始
16:00 終了
19:00 送迎終了後、片付け
21:00 夕食
翌1:00 就寝

1984年、熊本市生まれ。福岡の専門学校を卒業後、YMCAにスポーツ指導員として勤務。2009年、総合型スポーツ支援団体「Fun&Fit」を設立。健康運動実践指導者、キャンプインストラクター、レクリエーションインストラクターなどの資格を生かし精力的に活動中。