東京から故郷へ恩返し 熊本の日本酒を広めたい

16歳の時、熊本市内で飲食店を営んでいた父親がアメリカ・モンタナ州で開業することになり、家族で移住。現地短大を卒業後、就職のため単身帰国し、現在、東京のインテリア専門店に勤務しています。しかし、社会人になってすぐは日本のマナーや敬語に苦労したとか。本を読むなどして勉強していた時に、審査の過程で日本文化や立ち居振る舞いが学べる「ミス日本酒」の募集を知ったそう。折しも、熊本地震後で地元の暗いニュースが多かった時期。「祖父母が住む熊本へ恩返しをしたい」という思いもあり、熊本代表として応募しました。

熊本代表に選出され、最終選考会へ。グランプリの座は逃しましたが、熊本代表として県内10カ所の酒蔵を巡り、蔵元から話を聞いたり、飲み比べをするなどして知識を深め、イベントほか各地で県産酒の魅力をPRしています。「熊本酵母の華やかな香りが楽しめる県産酒を多くの方に飲んでいただきたいです」

幼少期から父親の郷土料理店へ出入りし、「コミュニケーションの力は酒場で培いました。お酒は、飲むと陽気になれるところがいいですね」と笑います。

Time Schedule

8:30 起床
9:30 着付け、メークなど
12:30 イベント会場へ。取材対応
16:00 イベント出演後、来場者へお酒の振る舞いなど
20:00 友人と食事
24:00 就寝

1990年、熊本市生まれ。ルーテル学院高2年の時、アメリカへ移住。同州立短大でインテリアデザインを学ぶ。シンクロナイズドスイミング競技で全米大会に2度出場経験も。2014年帰国。16年「ミス日本酒」熊本代表に。東京都在住。

Information

熊本の日本酒は、熊本酵母特有の香り高い果実や花のような香りが楽しめます。甘口しょうゆで味付けしたお料理とよく合います。