香りについて知る「香育」通じ 子どもたちの感性や発想力を磨きたい

香りがもたらすリラックス効果を生かし、自然療法や代替療法としても注目されているアロマセラピー。早川さんは植物の生命力あふれる香りには個性があり、嗅いだ時の気持ちが違うことに着目し、香りを通して子どもたちの豊かな感性や柔軟な発想力を育む「香育」に取り組んでいます。

「合成香料が普及し、人工的な香りを『心地いい』と感じる子どもたちが増えている」と危惧(きぐ)する早川さん。自然の植物から抽出した精油(アロマオイル)を扱うアロマセラピストとして、「植物がなぜ香るのか、どうやって精油が作られるのかなどを知ってもらい、子どもたちに自然の香りの良さを感じてほしい」と意義を語ります。

昨年の夏休みには、親子で参加できる体験イベントを開催。参加者からは「自然が生み出す香りに改めて気付くきっかけになった」と好評で、少しずつ「香育」への認知を広げています。「今後はマタニティー向けやストレスマネジメント、認知症予防など、ライフステージに合わせたアロマ活用を提案していきたい」と夢を膨らませています。

Time Schedule

5:30 起床、メールチェック、講演準備
6:30 朝食
10:00 講演
12:00 昼食
13:30 アロマスクール
16:00 打ち合わせ
20:00 夕食
23:00 瞑想(めいそう)後、就寝

早川 雪子さん

早川 雪子さん
1971年、合志市生まれ。看護専門学校卒業後、看護師、看護教員として働きながら、アロマセラピストの資格を取得。(一社)「スタディライフ熊本」理事、「SLAスタディライフアロマテラピースクール」スクール長。趣味はフラワーアレンジメントと写真。

Information

4月29日(日)、小国町森林組合と共催で「親子で学ぶ春の香育ツアー」を開催予定。

お問い合わせ

(一社)スタディライフ熊本

TEL
096-245-6566